今回のテーマは平面度について

2017/07/11

精密鏡面加工のティ・ディ・シーです。

今回は弊社加工技術の第二弾としまして

平面度について「平面度とは、互いに平行な二つの平面の間の空間を表す」と規定されています。

実績例で平面度のご紹介

・アルミナセラミックス φ100*5㎜基板 平面度0.1μm

・ステンレス φ50*5㎜基板 平面度0.03μm

・ステンレス φ100*5㎜基板 平面度0.5μm

・ステンレス φ300*8㎜基板 平面度1μm

具体的な製品としまして

石やセラミックスなどの定盤、ステンレス・アルミ・銅などの吸着プレート

各種基板・基準となる面など、金属、セラミックス、ガラス、半導体素材                  あらゆる材質で対応します。

またこの様な加工品をレーザー干渉計による測定をおこない、データをお付けしております。

非接触なので製品にキズを付けずに測定が可能です。

このような「超精密な平面加工」にご興味のある方、お困りの方                      見積もりだけでも欲しい方

どんなことが出来るか相談したい方、まずはご連絡下さい。

↓↓平面度1μm以下の吸着プレート     

展示品id7-4facility_09

↑↑平面度測定機・レーザー干渉計

投稿者プロフィール

藤野 健一
藤野 健一
西日本営業所(大阪)の藤野です。
S45.4.2生まれ 牡羊座のA型 野球とゴルフを愛する九州男児(^v^)