日本表面真空学会・学術講演会・展示会・ランチョンセミナー

2018/11/19

本日から神戸国際会議場で開催されている「日本表面真空学会・学術講演会」にティ・ディ・シーも参加しています。

本日11月19日12:35よりランチョンセミナーにてTDCの技術に関するご紹介を致します。

https://www.jvss.jp/annual/mtg2018/ 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、先週一週間弊社に来ていた中学生インターン2名はつつがなくピカピカサイコロを仕上げることができました。こんなことを通してモノづくりを少しでも面白いと感じてくれたり、やり遂げる達成感みたいなものを感じてもらえたらうれしいな、と考えております。

加工前のフライス仕上げ状態。


ピカピカサイコロの出来上がり!

利府町では町中の中学生が各企業に出向いて一週間の職場体験をしました。コンビニ、パン屋さん、ガソリンスタンド、、、それぞれの職場できっと多くのことを学んだのだと思います。素晴らしい取り組みだなぁと思っています。

ただ、今年はある工場で機械操作を誤って中学生が指を切断するという事件がありました。驚くと同時に悲しさがこみ上げてきます。受け入れた側の危険予知の甘さ、インターネットの書き込みには「町工場なんて指ツメ普通っしょ」とすら書いてありました。

弊社では中学生を受け入れるにあたって、何度も会議・打合せを行って、どんな作業だったら危なくないか、はさみは使えるのか?カッターは大丈夫か?回転工具は大丈夫か?どうすれば危険がなく作業ができるか、話し合いました。毎年受け入れているのに、残念ながら子供の手先の器用さは毎年落ちているような気がして、毎年時間をかけて話し合い、体験プログラムの見直しを行っています。

はっきり言ってクソ忙しいのに何でこんなことに私たちはこれほど時間をかけるんだろう・・・と思わないではないです。私たち企業は自分さえよければ良いのではないし、社会の一員として地域の青少年の育成に貢献できることはうれしいことだし、製造業の3Kみたいなイメージを払拭してモノづくりの楽しさを早い段階から知ってほしいし、こうしてみんなで危険について考えることは自分たちにとってもプラスにつながると信じています。仕事に従事する人は個人ごとに能力も違います。自分でも毎日毎分集中できるわけではないし、食後は集中力が落ちたり、疲れていると意識が散漫になったり、そんなことを意識して危険予知活動をしています。書き出したら長くなりますが、「ほーら製造業なんて危ないに決まってる」と言って扉を閉じたら日本の製造業の未来はないよね。と悲しい気持ちになりました。

 

投稿者プロフィール

Yuko
Yuko
CEO of TDC corporation.
Please ask me anytime about Polishing/Lapping, Grinding and Cutting.

Hometown: Sendai Miyagi Japan