仕事場をきれいに使える人は仕事のできる人

2014/07/30

前回に続き、今回もアルバイトネタです!

『仕事場をきれいに使えない人は、仕事のできない人』

これは、学生時代のアルバイト先で私が尊敬している先輩に言われた一言です。

その日は宴会が一気に始まり、バタバタしていたのでドリンク作り担当だった私はとにかく早く飲み物を提供しよう!と奮闘しました。

宴会が一段落したところで、先輩から「仕事場汚いよ。仕事場をきれいに使えない人は、仕事のできない人だから。」とピシャリと言われました。
確かに私の仕事後はビン、缶、ペットボトル等があっちこっちに乱雑に置いてある・・・
今まで「早く飲み物を作る事」だけを考え、仕事場の整頓なんて考えてもいなかったので、目からウロコでした。

次の日からは先輩に言われた通り、使い終わったらすぐ定位置に戻す、という点を意識して仕事をすると、確かに効率が上がりました。
「OOどこだっけ?」という無駄な時間が無くなって、仕事場も広く確保できるので快適に作業ができるんですよね。『あ、綺麗に保つだけでこんなに作業時間が短縮できるんだ』というあの時の感動は今でも昨日のことのように思い出せます。笑

仕事場をきれいに保つ、ということより物を定位置に置いておくというのがポイントなのだと思います。
そうすれば、どこに何があるかすぐにわかりますもんね。
逆に、デスクが散らかってても使う人がどこに何があるかパッとわかればOKなのかもしれません。

なんだか作文みたいになってしまいました。。。
なにはともあれ、ありさはこれからも デスク周りの使いやすさ向上をめざします!笑