セミコンジャパン ご来場ありがとうございました。

2018/12/16

先週3日間のセミコンジャパンでは、多くの方にTDCブースにお越し頂きまして本当にありがとうございました!

おかげさまで楽しく充実した会期を終了することができました。

難しい加工のお問い合わせをいただくことは私たちの明日への糧です。引き続き頑張りますのでどうぞご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

もし説明が行き届かないことがありましたり、ご不明な点がありましたら、是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらです。http://mirror-polish.com/contact/

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました!!

新進気鋭のアーティストとTDCのコラボ

2018/11/26

現在水戸芸術館で開催されている展覧会で新進気鋭のアーティスト早川祐太さんの作品にTDCの研磨技術が使われています。

先日11月23日の日刊工業新聞にその取り組みをご紹介いただきました。

会員登録で記事を閲覧いただけます。

https://www.nikkan.co.jp/articles/view/00496903?isReadConfirmed=true&fbclid=IwAR0aMhztSVYdNG_spIX0NfZBESlLGsyx1sIRwIX5N8xMpO0TBuRfJ-2CM8o

TDCの金属箔の研磨技術は、最初は約10年ほど前、水素電池用の水素透過膜として薄い箔加工へのチャレンジを始めました。その後ナノ炭素材料グラフェンの単層膜を作るためのモールドやフレキシブルデバイス用のサブストレートとしての用途から長尺化のご依頼が増え始め、弊社オリジナルで長尺金属箔の専用研磨装置を開発しました。

長い時間をかけて少しずつ用途が広がって、遂にはアートにも使ってもらえるようになるなんて面白いなぁ!と思っております。

私も先日水戸まで見学に行きましたが、ピッカピカすぎて、反射しているのか透過しているのか頭が混乱したり、0.3㎜の厚みの端面もピカピカの鏡面に磨いたため、角度によっては消えてしまったように見えたり、なかなか不思議な体験でした。

会期は1月20日まで!お近くに行かれる機会などありましたら是非お立ち寄りください。

日本表面真空学会・学術講演会・展示会・ランチョンセミナー

2018/11/19

本日から神戸国際会議場で開催されている「日本表面真空学会・学術講演会」にティ・ディ・シーも参加しています。

本日11月19日12:35よりランチョンセミナーにてTDCの技術に関するご紹介を致します。

https://www.jvss.jp/annual/mtg2018/ 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、先週一週間弊社に来ていた中学生インターン2名はつつがなくピカピカサイコロを仕上げることができました。こんなことを通してモノづくりを少しでも面白いと感じてくれたり、やり遂げる達成感みたいなものを感じてもらえたらうれしいな、と考えております。

加工前のフライス仕上げ状態。


ピカピカサイコロの出来上がり!

利府町では町中の中学生が各企業に出向いて一週間の職場体験をしました。コンビニ、パン屋さん、ガソリンスタンド、、、それぞれの職場できっと多くのことを学んだのだと思います。素晴らしい取り組みだなぁと思っています。

ただ、今年はある工場で機械操作を誤って中学生が指を切断するという事件がありました。驚くと同時に悲しさがこみ上げてきます。受け入れた側の危険予知の甘さ、インターネットの書き込みには「町工場なんて指ツメ普通っしょ」とすら書いてありました。

弊社では中学生を受け入れるにあたって、何度も会議・打合せを行って、どんな作業だったら危なくないか、はさみは使えるのか?カッターは大丈夫か?回転工具は大丈夫か?どうすれば危険がなく作業ができるか、話し合いました。毎年受け入れているのに、残念ながら子供の手先の器用さは毎年落ちているような気がして、毎年時間をかけて話し合い、体験プログラムの見直しを行っています。

はっきり言ってクソ忙しいのに何でこんなことに私たちはこれほど時間をかけるんだろう・・・と思わないではないです。私たち企業は自分さえよければ良いのではないし、社会の一員として地域の青少年の育成に貢献できることはうれしいことだし、製造業の3Kみたいなイメージを払拭してモノづくりの楽しさを早い段階から知ってほしいし、こうしてみんなで危険について考えることは自分たちにとってもプラスにつながると信じています。仕事に従事する人は個人ごとに能力も違います。自分でも毎日毎分集中できるわけではないし、食後は集中力が落ちたり、疲れていると意識が散漫になったり、そんなことを意識して危険予知活動をしています。書き出したら長くなりますが、「ほーら製造業なんて危ないに決まってる」と言って扉を閉じたら日本の製造業の未来はないよね。と悲しい気持ちになりました。

 

日経ものづくりパートナーフォーラムご来場ありがとうございました!

2018/11/13

先週、先端技術館TEPIAで開催された「日経ものづくり パートナーフォーラムin東京」には、たくさんの方にご来場いただきましてありがとうございました。

私も2日間ブースにおりましたが、多くの方といろんなお話をすることができて楽しい2日間でした。

こんなことできる?と聞かれて難しいこともありますが、そんな問いかけが私たちにとっては今後の技術開発のきっかけにもなったりします。なので、「こんなことできないでしょ?」という難しい質問を頂けることがとってもありがたいと感じております。

下の写真は展示会場内「わが社が誇る凄いワザ」という特設コーナーに展示したサンプルです。はやぶさ2のサンプルコレクターそのものを展示することはできないのですが、内面の研磨技術(底面・内径・Rのつなぎ目)(ともちろん外形も)の研磨技術をご確認いただくことができました。

来週は、11月19日(月)~20日(火)の2日間、神戸国際会議場にて『日本表面真空学会・展示会』に参加します。

詳しくはこちら⇒https://www.jvss.jp/annual/mtg2018/


中学生インターン

2018/11/12

利府町の中学生職場体験のインターンシップで今日から弊社に中学2年生が来てくれています。

製造業のおもしろさ、働くことの大変さ、やり遂げた時の達成感、精密加工の奥深さとか少しずつでも味わってもらえたらうれしいな、と考えております。

今朝は朝8:30から入社式を執り行いました!

辞令の読み上げと、「ケガしないようにね。」という社長の訓示を述べました。

今日から1週間かけて、ピカピカサイコロを作る予定です。

下の写真は加工前のフライス上がりのものです。週末にはピッカピカになる予定。

赤いところは面取りするのかな?ちゃんと6面同じサイズにできるかな? 楽しみです。



創造的な復興

2018/11/05

11月4日(日)の河北新報に掲載された「次世代放射光施設」の紹介の中に、弊社も取り上げて頂きました。

宮城県から提出されている「宮城県震災復興計画」において、復旧期(3年間)、再生期(4年間)、発展期(3年間)が計画されており、本年から「発展期」がスタートしています。

多くの方に支えて頂いて、復旧・復興を継続しておりますが、2011年のあの日、失われた故郷の景色の中で、私たちは元あった状態よりもより良い未来をつくると決意をいたしました。それに向けての一つの取り組みが「次世代放射光施設」の建設です。長い道のりですが、自分たちにできることをコツコツと取り組んでいきたいと思っております。

 

 

トリリオンセンサーユニバース

2018/10/29

先週から弊社東京営業所の前田が産休に入りました。工場ではもう一人検査担当のルナちゃんが産休入りです。二人とも年明けには元気な赤ちゃんが産まれる予定です。今から楽しみだなーとなぜか私は祖母のような気持ちになっています。「安心して子供を産み育てられる社会」の構築といって政治や行政が頑張ってくれていますが、私たち一中小企業も小さな単位でそういう組織を目指していきたいなと思っています。そんなこんなで人手不足のためしばらく(1年半??)不肖小職がブログ担当を拝命しました。

明日から札幌市民プラザで「第35回センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウムが開催されます。併設の展示会もありまして、昨年に引き続きTDCも参加しています。

トリリオンセンサーの概念が提唱されたのは2012年だそうですが、センサーの需要は急速に伸びていますね。トリリオンセンサー・ユニバースは「あらゆるものがセンサーで覆われ、コンピュータにつながり、膨大なデータを生み出す。医療・ヘルスケア/流通・物流/農業/社会インフラなどに留まらず広い範囲にビッグデータが適用され私たちの暮らしを一変する」ものとされています。

心拍をセンシングしたり、環境をセンシングしたり、電力使用量をセンシングしたり、災害危険性を事前センシングしたり、、、、これまでセンサーが多用されていた機械やロボットの枠を大きく超えて、より暮らしに密接なものにセンサーが組み込まれ、既にそれが当たり前になっていますね。

そんな私たちの暮らしを豊かで便利で快適にするセンシング技術にTDCの精密加工技術・研磨技術が貢献出来たらうれしいな、と思っています。

 

ティ・ディ・シーの加工について

2018/10/10

私たちティ・ディ・シーは「ラップ研磨」という加工方法で表面粗さや各種幾何公差を『nm』単位で提供しています。

金属だけではなくプラスチックや樹脂、ガラスなどあらゆる材質・形状の材料を研磨することができます。

 

精密さが求められる様々な領域で活用されており、業界も幅広く対応しております。

例えば、ナノテクノロジー、MEMS、マイクロマシン、半導体関連・半導体製造装置、自動車産業、医療機器・分析機器、光学分野、宇宙開発、化学・製薬産業、印刷産業、電子機器産業などで国内外3000以上の企業・研究機関・大学などへ納入実績があります。

 

1点から量産ものまで対応可能でして、高精度を出すために各種測定機器などの設備も充実しております。

鏡面加工、高精度加工が必要な場合は是非ティ・ディ・シーへ御用命ください。

また展示会などに参加しておりますので、是非お立ち寄りください。

セキュリティ対策のご紹介

2018/09/26

皆様こんにちは。

本日より3日間エヌプラス展示会に出展いたします☆皆様のご来場お待ちしております。

 

さて本日は弊社の情報セキュリティ対策についてご紹介したいと思います。

弊社では添付ファイルのような対策を講じて、情報セキュリティ対策をしています。

TDCセキュリティ対策イメージ

どうぞご安心して見積依頼などいただければ幸いです。

今後ともよろしくお願いします。

 

国際フロンティア産業メッセ開催中です!!

2018/09/06

先日の台風に続き、今朝北海道で大きな地震がありましたが、皆様無事お過ごしでしょうか。これ以上被害が拡大しないことを心からお祈りしております。

弊社は本日から神戸での国際フロンティア産業メッセに出展しております。先ほど弊社のミニプレゼンが終了しました。今回のプレゼンターは藤野です☆たくさんの方にお集まり頂きありがとうございました。

明日までの開催となります。皆様のご来場を心よりお待ちしております。