CMB

2019/10/10

旭化成吉野先生のノーベル化学賞受賞という明るいニュース!とっても嬉しいですね。

 

 今回のノーベル物理学賞は、宇宙マイクロ波背景放射(CMB)の観測から宇宙の成り立ちに関する理論を提唱されたジェイムス ピーブルス先生が受賞されました。

 宇宙は138億年前にビッグバン大爆発で誕生し、膨らみながら冷えていったと考えられています。宇宙の成り立ちから38万年後になって、それまで閉じ込められていた「光」が飛び交えるようになり、この光の名残りが「宇宙マイクロ波背景放射」(CMB)と呼ばれる電磁波です。
ピーブルスさんは、宇宙が誕生した直後の光の名残から、宇宙の成り立ちを理論的に読み解き、それにより、星や私たちといった目に見える物質は宇宙の5%ほどに過ぎず、残りのほとんどはダークマターやダークエネルギーだという新たな知見につながりました。

 原初宇宙の急速な膨張により、重力波が発生し宇宙マイクロ波にわずかな歪みを与えました。この「歪み」を計測することで、宇宙の成り立ちに迫る研究施設が南極にある「BICEP3」望遠鏡です。

BICEP3望遠鏡でこの電磁波の歪みをキャッチするための特殊なミラーを弊社(TDC)で作りました!

だいぶこじつけましたが、ピーブルス先生のノーベル賞受賞によって「宇宙の成り立ち」という、日頃の自分たちの暮らしとは遠く感じられる(けれど根源をなすもの)を多くの人が身近に感じるきっかけになったらうれしいです。

かなり遠いところでほとんどゼロに近いですが、ほんのわずかに関われたことがうれしいです。

日本経済新聞電子版に掲載していただきました。

2019/10/08

日本経済新聞の電子版に取り上げて頂きました。

仙台で建設がはじまった「次世代放射光施設」は少し難しい印象ですが、このような最先端の実験研究施設を活用して地域の中小企業に、ひいては地域全体に新たなチャンスがもたらされるはず!という記事です。

私自身も最初は、難しい研究は私にはあまり関係ないと思っていましたが、少しずつ勉強しながら、どのように使えるか考えるのは案外楽しいです。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO50593610U9A001C1L01000/

2011年にすっかり変わり果てた故郷の景色を見て、ただ「元通り」ではなくて「元よりずっといい場所」にしようと心に誓いました。大きなことは出来ませんが、小さな取り組みを積み上げていきたいです。

すべらない

2019/09/26

先週ITC国際トライボロジー会議に参加してきました。

弊社は企業展示で月曜日から土曜日までブース出展しておりましたが、

ブースにお越しいただいた東北大学工学部の堀切川教授から素敵なものを頂きました。

堀切川先生は摩擦分野の大家でいらっしゃいますが、企業との産学連携促進にも熱心で、何を隠そうTDCも15年位前初めての産学連携をさせて頂いたのが堀切川先生で、今なお売れ続けている「mirror fit spacer」という商品を共同開発致しました。弊社のスペーサー( http://mirror-polish.com/spacer/ )はそもそも±0.5μmや±1μmの厚み寸法公差を保証しておりますが、さらに面を鏡面化することによって接触面剛性が向上され使用時の寸法安定性が高まるという研究結果をご提示くださいました。ぜひ詳しくは、スペーサーのサイト内にミラーフィットスペーサーの論文リンクがございますのでご参照下さい。

前置き・宣伝が長くなりましたが、本題は滑らない箸を頂きました!

これがすごいんです。

ラーメン食べて滑らないくらいならまぁ他にもあるよね、と思うのですが、

摩擦原理の応用によって、抱きかかえ構造といって、掴んだものを落としにくい。

竹粉配合抗菌樹脂により大腸菌O-157抑制効果・抗ウィルス効果・カビ抑制効果 があって、菌の繁殖が99%抑制されるそうです。(洗わなくたっていいんじゃないか?)

大教授から摩擦の新商品を頂いたことが嬉しくて早速使っていますが、とっても使いやすいです。一応洗ってはいますけど、衛生的と言われれば気分も良くて、

「箸」にサイエンス。イノベーションできるものは身の回りにたくさんあるんだな!ととっても嬉しくなりました。

お箸の詳細情報はこちら、ウェブ通販で購入もできるようです。https://uni-project.co.jp/

十符の里フェスティバルに行ってきました。

2019/09/18

9月15日に利府町のお祭り「十符の里フェスティバル」に行ってきました。

利府町役場を開放して、たくさんの屋台がでて、ステージではヒーローショーや歌謡ショーがあったり、屋内舞台では落語の寄席があったりマジックショーがあったり。とってもにぎやかで楽しいお祭りでした。

私は何をしに行ったかというと、小惑星探査機「はやぶさ」と「はやぶさ2」の精巧なレプリカが展示されまして、さらには新幹線の「はやぶさ」を作っている車輛基地も利府町にあるということで、利府の熊谷町長と和歌山大学の秋山教授とのトークショーに参加させて頂きました。

地域に根差して丁寧にものづくりをして世界の最先端に貢献していることをお話させて頂きました。

たくさんの地元の方の前で、少し緊張しましたが、とっても楽しい経験でした。

 

 

zygo new view 9000

2019/08/21

zygo new view 9000という3D形状測定・表面粗さ測定機を導入しました。

サブナノ領域をフレキシブルに計測できる評価装置です。

https://zygo.jp/?/met/profilers/newview9000/

見える化はできる化の第一歩。この計測システムを用いてで更なる高精度を目指してまいります。

 

  • ZYGO newview 9000
  •  

日本機械学会 第29回設計工学・システム部門講演会

2019/07/10

9月に東北大学流体科学研究所で開催される 日本機械学会 第29回設計工学・システム部門講演会 にて特別講演をさせて頂くことになりました。

特別講演の講師リストがウェブに公開されまして、自分以外毎日とっても興味深い特別講演が予定されています。

https://www.jsme.or.jp/conference/dsdconf19/doc/program.html

小職の講演タイトル「丁寧なしごとで感動を創造する」は弊社の企業理念でして、弊社の技術開発の取組みなどについてご紹介をさせて頂く予定です。

____

特別講演     

    • 【特別講演 1】2019年9月25日(水)17:00~18:00
      • 講演者:渡辺 富夫 氏 (岡山県立大学 情報工学部情報システム工学科 教授)
      • 岡山県立大学 情報工学部情報システム工学科 教授
      • 題 目:人を引き込む身体的インタラクション・コミュニケーション技術(仮)
      • 会 場:さくらホール2階会議場
    •   

    • 【特別講演 2】2019年9月26日(木)17:00~18:00
      • 講演者:赤羽 優子 氏 (株式会社ティ・ディ・シー 代表取締役社長)
      • 株式会社ティ・ディ・シー 代表取締役社長
      • 題 目:丁寧なしごとで感動を創造する
      • 会 場:さくらホール2階会議場
    •   

    • 【特別講演 3】2019年9月27日(金)11:00~12:00
      • 講演者:田所 諭 氏
      • 東北大学 大学院情報科学研究科 教授
      • 題 目:ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジ
      • 会 場:さくらホール2階会議場
    •   

    • 【特別講演 4】2019年9月27日(金)13:00~14:00
      • 講演者: 小川 博之 氏
      • 宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授
      • 題 目:水星探査機みおの設計(仮)
      • 会 場:さくらホール2階会議場
      • ※「みお」の熱設計について

http://mio.isas.jaxa.jp/stories/02.html

        • ※進化計算研究会(日本機械学会協賛)招待講演として実施(参加費無料)

 

      • 進化計算研究会ウェブサイト 

http://www.jpnsec.org/symposium201902.html

  •  
  •   

 

J-GoodTechドキュメンタリー

2019/05/15

中小機構のジェグテックの登録企業ドキュメンタリーにTDCのご紹介を掲載いただきました!

お時間のある際に是非ご覧ください~!

https://jgoodtech.jp/pub/ja/journal/documentary/documentary-022/

「できるまでやる」という全然すごくもなんともない(けど大切にしている)当社の開発手法についてもご説明しています。

 

 

IVAM blog

2019/03/06

ドイツのIVAM 精密加工組合(IVAM micro technology network)のブログにTDCの紹介を掲載していただきました。

https://ivam.de/blog

英語の記事ですが、ご興味ありましたら是非ご覧ください。

 

精密測定の勉強会

2019/02/14

TDCでは、ときどき技術勉強会を開催しています。

上の写真は社内スタッフが講師役をする品質管理の勉強会。

下の写真はアメテックさんにお越しいただいてTaylor Hobson CCI-Sunstarの測定について教えて頂いているところ。

分かっているようでわかっていないことや、今更聞きづらいことを敢えてみんなで学ぼう、いくつになっても勉強しようという考えで、基本的なことをやっています。誰でも何度聞いても気づきがあるものです。もうばっちり大丈夫!となったら社内勉強会の講師になります。

 

社内勉強会では改めて基本的なことを全員が勉強したり、スタッフから日頃疑問に思っていたことを募ってそれを勉強会のテーマにしたりしています。(だいたい毎月開催していて希望者の自由参加)

CCI-Sunstarは非接触レーザー干渉式面粗さ・形状評価装置で、これまでも毎日フル稼働していましたが、使い慣れた装置の普段使っていない便利機能や一歩進んだ解析方法などを改めて教えてもらう機会になりました。

#精密測定 #品質管理 #超精密加工 #こだわりのものづくり

電気新聞に掲載いただきました。

2019/02/08

1月に電気新聞新春特集号にてご紹介頂きました。

毎年恒例の企画だそうで、東北経済連合会の海輪会長と地域の経営者との座談会形式で、山形県鶴岡市でスイデンテラスというとっても素敵なホテルを経営している山中さん、岩手県で地元のものづくりとフィンランドデザインをつなぐ取り組みをしている広告会社HOPS社長の工藤さん、小職の精密ものづくり。全然違う分野の経営者がそれぞれの取り組みや想いを語る機会でした。多くの刺激や気づきがあり、大変勉強になりました。