精密鏡面フォイル
(長尺金属箔精密ポリッシング)とは

100メートルを超える長尺
ナノレベルの面粗さを実現

精密鏡面フォイル(長尺金属箔精密ポリッシング)とは

面粗さシングルナノレベルの金属箔を100メートルに及ぶ長さで製作することが可能です。

精密鏡面フォイルが選ばれる理由

  • 精密さ
    Ra1 nm, Rz6 nm
  • 低コスト
    長尺状態の精密ポリッシング箔をご利用いただく事により、後工程プロセス簡略化、またそれに伴うコストダウンを実現いたします。
  • 便利
    連続的にポリッシング加工を行うことにより、ご希望の長さで長尺金属箔をご用意させていただきます。
  • 用途
    ロールtoロールでのデバイスプロセス、微細成膜プロセス、その他

仕様

  • ●長尺テープ状金属箔を連続的に供給、研磨、巻取りを行う自動鏡面加工装置を独自開発
  • ●Ra1 nm, Rz6 nm (SUS304の場合)
  • ●最大 巾270㎜程度まで (巾300㎜までは別途ご相談ください)

対応材質

SUS304、真鍮、ニッケルなどその他材質順次拡大中。
材質、長さ、厚みなどご希望に応じて製作いたします。

  • 真鍮箔 と ステンレス箔
    Ra1ナノ前後を実現 !!

  • 長尺テープ状金属箔を連続的に供給、研磨、巻き取りを行う自動鏡面加工装置を独自開発。

  • 長尺フープに限らず、ご希望の形状の金属箔(厚さ0.001mmから)の鏡面研磨も承ります。

加工精度

Ra1nm, Rz6nm(SUS304)

PDF資料ダウンロード

製品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。

導入事例

TDCの技術を実際に導入いただいた事例をご紹介します。
超精密加工により、ワンランク上のものづくりのお手伝いをいたします。