公的研究費等の不正防止対策基本方針

株式会社ティ・ディ・シーは、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(文部科学省)に基づき、不正防止対策の基本方針を以下の通り策定し、公的研究費等を適正に管理・運営するための取り組みを行います。研究活動において公正な研究活動の推進を行います。

1.公的研究費等を適正に管理・運営するために、責任体制を以下のように定めます。
最高責任者: 代表取締役会長
統括管理責任者: 代表取締役社長
コンプライアンス推進責任者:取締役総務部長

2.適正な運営・管理の基盤となる環境の整備
当社では不正を誘発する要因を除去し、抑制機能を備えた環境・体制の構築に取り組みます。
(1) ルールの明確化・統一化を推進します。
(2) 職務権限を明確化します。(全案件について代表取締役社長決済とする)
(3) コンプライアンス教育の徹底による関係者の意識向上を図ると共に誓約書を徴収し
ます。


3.研究費の適正な運営・管理活動
予算執行のチェック体制の構築、業者との癒着防止、事務部門による発注・検収業務に取り
組みます。


4.情報発信・共有化の推進
公的研究費等の不正使用、ならびに研究活動における不正行為に関する告発・通報に対応するため、当社に通報窓口および相談窓口を設置します。
株式会社ティ・ディ・シー 総務部 高橋
住所:宮城県宮城郡利府町飯土井字長者前 24-15
電話:022-351-3131  メールアドレス tdc @ mirror-polish.com (@の前後のスペースを削除してください)


5.モニタリングの在り方
公的研究費等の適正な管理のため、発注・検収・支払等の実施状況および会計書類を確認し、
物品の実査等を行います。

2018 年 9 月
(株)ティ・ディ・シー 代表取締役会長 赤羽 亮哉

you can share this via :