2021年3月11日

東日本大震災から10年の月日が経ちましたね。

多くの犠牲者に深い哀悼の意を捧げます。
今なお苦しい生活を余儀なくされている方々に心からお見舞いを申し上げます。
そして長く続く復旧・復興に従事頂いている方々に心からの感謝をお伝えしたいと思います。

そのような想いから当社では今年も2:46に黙祷を捧げます。

あの日から10年のこの日にあたり、日刊工業新聞に広告を掲載させて頂きました。
途方に暮れたその瞬間も、その後もずっとずっと多くの方に励ましていただき、日々を歩んで参りました。その感謝の想いを忘れずに生涯過ごしていこうと思っています。
仕事では精密なものづくり、丁寧なしごとで世の中のお役に立てるように頑張ります。

10年前のあの日、変わり果てたふるさとの景色に「この経験をプラスに変える。もとあった状態よりもっと良い未来をつくる」と復興を胸に誓いました。それから多くの方に支えて頂き10年の復興の道のりを歩んで参りました。