タンタル鏡面加工

タンタル

このページでは、加工材料のひとつタンタルの特性や性質、用途からTDCにおけるタンタルの加工について解説をします。

タンタルとは

タンタルとは、原子番号73の第6周期に属する第5族元素であり、元素記号をTaで表される遷移金属です。

1802年にアンデシュ・グスタフ・エーケベリによって発見されました。タンタルという名前は、ギリシャ神話のタンタロスに由来しています。

レアメタルのひとつとして合金の微量成分などとして用いられるほか、融点が高いことからも耐火金属であることも知られています。

タンタルの特性・性質

タンタルは密度や延性が高く、非常に硬い物質ではあるものの加工がしやすく、熱や電気の伝導度も高い性質を持っています。

銀白色を呈し光沢があり、酸による腐食にも高い腐食耐性があります。

タンタルの融点は摂氏3,017度(沸点は摂氏5,458度)と高く、これを上回る元素はタングステン、レニウム、オスミウム、炭素だけとされています。

一般特性
化学式 Ta
分類 遷移金属
原子量 180.94788
物理特性
密度 16.654(293 K、固体)g/cm3
融点での液体密度 15.000(融点、液体)g/cm3
融点 3258K, 2985°C
沸点 5783K, 5510°C

タンタルの用途

タンタルの用途は、電気・電子機器のほか、その耐食性からも航空宇宙機器や医療機器、軍事、エネルギー分野で広く用いられます。

以下は、タンタルが利用用途のほんの一例となります。

  • コンデンサ
    タンタルの年間消費の約半分は、主にコンデンサ用粉末やワイヤーとして用いられます。
  • 半導体
    半導体の回路基板にタンタルを用いることで薄膜拡散バリア層が形成され、銅相互接続を保護することができます。
  • エンジンタービンブレード
    融点・耐腐食性が高いタンタルの特性から、航空機エンジンのタービンブレードやガスタービン用のニッケルベースの超合金として利用されます。
  • 積層造形(3Dプリンタ)
    タンタルは高耐食性・高強度・高純度であることから、航空宇宙、自動車、医療、防衛、エネルギー、化学工業向けの部品の3Dプリンタを可能とします。
  • 化学処理装置
    タンタルの耐食性・耐熱性により、化学・製薬産業で使用される容器、配管、バルブ、熱交換器のライナーとして利用されます。

TDCにおけるタンタル加工

実現加工な仕様

面粗さ Ra1nm以下
平面度 0.001mm以下
平行度 0.001mm以下

タンタルの加工事例

タンタルは熱や電気の伝導性が高く、腐食にも強い材質であることから、放射光を遮断するためのスリットナイフとして使われることがあります。

弊社ではこのスリットナイフを製作しており、各研究所より多くのご依頼を頂いております。

その他、様々な用途で弊社の研磨技術をご利用頂いております。

タンタルの加工はTDCまでご相談ください

TDCでは、材質に応じた加工ノウハウと、これまで蓄積された研磨加工技術により、あらゆる材質・精度の鏡面研磨加工にも対応が可能となっています。
他社で断られたタンタルの加工案件も、ぜひ一度TDCにご相談ください。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日8時30分~17時20分

メールでのご依頼・お問い合わせ

関連ページ

大学・研究機関の方必見 テストピースのご相談