チタン重量マスタ

チタンの研磨加工

このページでは、TDC(ティ・ディ・シー)で行っているチタンの研磨加工をご紹介します。

TDCのチタン研磨加工

独自の技術開発やこれまでに培ってきた研磨技術によって、TDCはチタンをはじめとするあらゆる金属研磨加工を得意としております。

高い精度が求められる精密部品やチタン表面の鏡面研磨加工まで、幅広いチタン研磨加工に対応することができます。

TDCの研磨加工に関する詳しい解説は、『研磨加工』ページをご確認ください。

TDCのチタン研磨加工の特徴

TDCのチタン研磨加工には、以下のような強み・特徴があります。

  • 高精度な研磨技術
    TDCが誇る精密研磨技術により、除去量を制御することでミクロン単位・ナノレベルでの超高精度金属精密加工を実現しています。
    切削や研削などの加工方法と比較しても、対象物に負荷をかけることなく、あらゆる形状への対応が可能です。
  • 短納期・特急対応が可能
    100台以上の研磨装置を所有することにより、大量ロットや複雑な加工であっても短納期を実現。
    お急ぎの場合には、「特急対応」でのご相談にも対応させて頂きます。
  • 小ロットからでもお気軽にご相談ください
    1個からの小ロットでのご依頼、試作品の製作もお任せください。
  • 100台を超える豊富な加工機械を所有
    TDCでは、ラップ研磨機や平面研削盤などの研磨装置を100台以上所有。
    マシニングセンター、フライス盤などの各種加工機も揃えているため、あらゆる加工にも対応が可能です。
  • 研磨装置の約半数が自社製
    100台以上ある研磨装置のうち約半数は自社製となり、「低コスト」で「高品質」なモノづくりを実現しています。
ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

TDCのチタン研磨加工例

TDCにおける代表的なチタン研磨加工例を2つご紹介します。

チタン研磨加工例①:純チタン 円筒鏡面加工

  • 材質:純チタン
  • 加工内容:純チタンの1㎏の重量マスターを研磨し、±0.001gに仕上げました。ラッピング研磨により除去量を管理しながら研磨することで、重量や体積などの調整も可能です。
  • 精度:重量 ±0.001 g、全面鏡面仕上げ 面粗さ Ra1nm以下
 

チタン研磨加工例②:鏡面テストピース

  • 材質:チタン各種
  • サイズ:各種サイズ対応可能
  • 加工内容:ラッピング研磨によりスクラッチフリーの鏡面基板を製作します。
  • 精度:面粗さ Ra1nm以下
 

チタンとは?

チタンとは元素記号 「Ti」で表される銀灰色の金属のこと。工業・産業などで幅広く扱われるようになったのは1946年と、金属材料としてはまだ歴史の浅い金属となります。

他の金属類と比較し軽量で高強度、耐食性にも優れるなど数多くのメリットがあり、宇宙・航空機・自動車・二輪車などの材料や部品から建築材料、医療機器などの先端技術に欠かすことのできない実用金属となります。

研磨を要するチタン製品の一例

チタンは主に建築材料や工業機器の部品など、さまざまな分野で需要があります。

近年ではその耐久性の高さや人体への影響の低さから、インプラント器具や義足といった「医療機器」にも広く用いられるようになりました。

いずれも審美性や耐久性はもちろんのこと、精密さが求められるケースは少なくなく、チタンの研磨加工技術が重要視されています。

チタン研磨は高い技術を要する

一般的にチタンは、鏡面仕上げが非常に難しい材料であるといわれています。その理由のひとつに「素材の特殊性」が挙げられます。

チタンは他の金属と比べ熱伝導率が小さく、研磨の際には工具に熱が集中します。結果的に工具の軟化による研磨性能の低下や、工具とチタンが化学反応を起こしやすく溶着が起きてしまう場合もあります。

また、電解研磨においてはチタンが酸化してしまうことで表面に酸化被膜が形成されるため、研磨による鏡面仕上げにも高い技術が必要となります。

難度の高いチタン研磨加工もTDCに一度ご相談ください

TDCでは、これまでに蓄積された研磨加工技術や所有台数100台以上の研磨装置により、あらゆる材質・精度の研磨加工にも対応が可能となっています。

金属の中で最も鏡面加工が難しいとされるチタンですが、他社で断られたチタン研磨加工もぜひ一度TDCにご相談ください。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

関連ページ