KANSAIモノづくりシンポジウム2018のご案内

2018/02/22

KANSAIモノづくりシンポジウム2018のご案内です。

日刊工業新聞社主催のセミナー・ミニ展示による技術商談会です。

弊社は、3/2(金)16:00~16:25 プレゼンを実施致します。

多様な素材・加工形状に対応する極限精度の超精密鏡面加工のご紹介です。

また、当日は新技術開発の紹介も予定しております。

皆様、この機会に是非お越し下さい。

*聴講をご希望される場合、事前登録をお願いしております。

下記、Webサイトにて申し込みをお願い致します。

http://corp.nikkan.co.jp/seminars/view/1487

 

・開催日時;2018年3月1日(木)~2日(金)10:00~17:00

・会場;日刊工業新聞社 大阪支社 10Fイベント会場

 

超精密鏡面加工・超精密機械加工の動画

2018/02/07

ティ・ディ・シーの新しい紹介ビデオが完成いたしました。

超精密鏡面加工、超精密機械加工がいかにして成し遂げられているのかを
とても分かりやすくまとめてあります。
1分程度の短い動画ですので、ちょっとした空き時間に見ていただけるかと思います。

タイトル: TDCのテクノロジー

URL  : https://www.youtube.com/watch?v=MA9bMa9fg7I

動画内にもありますが、TDCではRa1nmレベルの面粗さを実現するだけでなく
同時に様々な仕様に対応することも可能です。
「面粗さを良くしつつ、平行度も向上させてほしい」
「面粗さはそこまで重要ではないが、寸法公差と平面度が厳しい」などといった内容も得意としております。
是非お気軽にご相談ください。

 

精密な研磨 精密な鏡面品のご紹介

2018/02/07

研磨品のご紹介です。精密な研磨品・精密な鏡面加工品です。

今回ご紹介させて頂くものは、パイプの内径を鏡面仕上げします。というものです。

ただ磨くだけではなく、寸法管理をしながら鏡面仕上げをおこないます。

写真の製品はわかりやすく鏡面仕上げ後、半分にカットしたサンプル品になります。

材質はステンレスで内径の面粗さRa2nm以下になっております。

内径研磨品の場合は、サイズも幅広く対応しておりますが

内径φ10長さ300L品は一般的なサイズとして加工しております。

大きさ・長さ・材質により仕様も変わってきますので

ご相談頂ければ1個から量産まで対応いたします。

 

 

 

写真で内径の粗さがどこまで見れるかわかりませんがこんな感じでございます。

デシタルマイクロスコープのご案内

2018/01/31

この度、デジタルマイクロスコープを導入致しました。

KEYENCE製 VHX-6000シリーズ

「観る・録る・測る」がこれ1台。

「観る」あらゆる方向からの観察が可能。レンズを傾け、ステージを回転させても視野範囲がずれることなく360度あらゆる方向からの観察ができます。   対象物に手を触れる必要がないので、再現性の高い観察が可能。

「録る」観察画面をそのまま保存が可能。保存した画像はLAN・USB経由で  簡単に活用ができます。

「測る」リアルタイムに計測が可能。マウス操作だけで簡単に誰でも寸法計測が可能。2点間、角度、直径、平行線、面積など、あらゆる計測をリアルタイムに画面上で行うことができます。

またオプションにはなりますが、ワイドレンジズームレンズを併せて導入しました。

このレンズにより0~1000倍を1台で、実体顕微鏡・電子顕微鏡・金属顕微鏡・測定顕微鏡・を併せ持った

デジタルマイクロスコープVHX-6000です。

これまで見えなかったものが見えやすくなることであらゆる「観る・録る・測る」が可能になります。

皆様のお役に立てることが出来れば嬉しく思います。

 

ナノテク展 2018

2018/01/23

2018年2月14日~16日に東京ビッグサイトで開催される「nano tech 2018」に出展致します。

TDCでは、あらゆる材質で「ナノ」レベルの加工精度を 実現しております。

1 nm 以下の面粗さを維持しながら 平面度・平行度・寸法・角度などの加工要素にも高度な精度を実現致します。

展示会ブースでは様々な加工事例の現物をご確認頂けます。

ぜひ会場へお越しください!

 

・場所;東京ビッグサイト 東5ホー ル 

・期間;2018年2月14日(水)~16日(金)

・小間番号;5D-17

・展示会ホームページ http://www.nanotechexpo.jp/main/

雪かき

2018/01/23

今週は多くの地域で雪の影響が出ていますね。

皆様の地域ではいかがでしょうか?

TDCの東京営業所では、昨日早じまい、今日も遅めの始業となっております。

お急ぎのご用件は是非宮城県の本社までご連絡ください。ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。

 

本社・工場では朝から多くのメンバーが雪かきをしてくれました。

ちょうど一通りの雪かきが終わったころに始業のベルがなって、ヨシ仕事始めよう!と各自の部署にもどっていきまして、なんたるモチベーション!と感動すると同時に、ろくに役にも立たないくせに結構疲れたなぁとか思っている自分を反省。。

朝から良い運動になりました。

今週は日本中、お天気が荒れ模様の予報ですね。どうぞ皆様お気をつけください。

 

1
Something is wrong. Response takes too long or there is JS error. Press Ctrl+Shift+J or Cmd+Shift+J on a Mac.

レーザー顕微鏡研究会 企業展示に参加します。@大阪大学

2018/01/16

1月19日大阪大学フォトニクスセンターで開催される レーザー顕微鏡研究会にて企業展示を行います。

レーザー顕微鏡研究会は、光学顕微鏡とその関連技術に関する、学術・産業、研究・応用の垣根を超えたイベントで、シンポジウム・講演・企業展示が行われます。

TDCは今回初参加ですが、私自身も多くの学びの機会になると思いとても楽しみにしています。

詳細はこちら↓

http://www.jslm.sakura.ne.jp/index.html

(当日参加も大歓迎!)と公式サイトに書いてありました。

お近くの方は是非お越しください。

 

1月17日~19日は東京ビッグサイトにて展示会「オートモーティブワールド」にも出展しております。

インターネプコンなど多くの展示会と同時開催のにぎやかな展示会になると思います。

宮城県パビリオンにて多くの地元企業の皆さんと仲良く・楽しく出展いたします。こちらにもぜひお越しください!

http://www.automotiveworld.jp/

 

年末のご挨拶、来年の展示会のご案内

2017/12/28

皆様 いよいよ今年もあと3日となりました。2017年も皆様には大変お世話になりました。有難うございました。   来年も皆様にとって良い年となりますように心からお祈り申し上げます。        

2018年1~2月の展示会のご案内です。

年明けすぐの開催となります、2018年1月9~10日に茨城県つくば市で開催の「放射光学会・併設企業展示会」に出展致します。弊社では、放射光施設には欠かせない超精密なミラーを各種材質で展示の予定です。面粗さRa1nm以下を実現した鏡面ミラー展示品をご覧いただきたく宜しくお願い致します。

・場所;つくば国際会議場・大会議室

・期間;2018年1月9日(火)~10日(水)

・小間番号;No.9

・展示会ホームページ http://www.jssrr.jp/jsr2018/

2018年1月17日~19日に東京ビッグサイトで開催される「オートモーティブワールド・自動車部品&加工EXPO」に出展致します。自動車に欠かせない摩擦・摩耗に関する各種材質での試験片のご案内、金型の鏡面品のご案内、金属箔の鏡面技術のご案内等、予定しております。 あらゆる材質で鏡面サンプルを展示します。

・場所;東京ビッグサイト 東7ホール 

・期間;2018年1月17日(水)~19日(金)

・小間番号;E67-68 

・展示会ホームページ http://www.automotiveworld.jp/

2018年2月14日~16日に東京ビッグサイトで開催される「nano tech 2018」に出展致します。ナノテク展にふさわしくTDCでは、あらゆる材質で面粗さRa1nmという「ナノ」レベルの加工を 実現しております。また、このナノレベルの面粗さを維持しながら 平面度・平行度・寸法・角度などの加工要素にも高度な精度を実現致します。

・場所;東京ビッグサイト 東5ホー ル 

・期間;2018年2月14日(水)~16日(金)

・小間番号;5D-17

・展示会ホームページ http://www.nanotechexpo.jp/main/

2018年も各地で展示会への出展を計画しております。展示会場でお会い出来ることを楽しみにしております。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

ブー子ちゃん

2017/12/20

今日も心をこめて磨いております。

 

 

We are polishing eagerly. 今日もせっせと磨いています。

FinePolishTDCさん(@finepolishtdc)がシェアした投稿 –

精密ステージ 吸着テーブル 石定盤の再生研磨

2017/12/04

精密ステージ 吸着テーブル 石定盤の再生研磨を承っております。

新規製作も対応可能です。

対応材質

金属全般、セラミックス、石定盤、石英ステージなど

対応サイズ

研削盤サイズ:1500*600mm

ラップ盤サイズ:直径1メートル程度

精度

500mm角以下程度のサイズにおいては平面度0.001mm(1ミクロン)以下にて保障

検査データを添付いたします。

測定器一例 (平面度:三次元測定器、レーザー干渉計など、ご要求の精度や材質・形状に合わせて最適の測定器をご提案いたします。)

短納期での対応もご相談ください。

1点から対応します。お見積もりなどお気軽にお問い合わせ下さい。