自動車における精密加工でのソリューション

TDC(株式会社ティ・ディ・シー)で提供している、自動車分野における精密加工のソリューションをご紹介します。

自動車部品の特徴

自動車部品と一口にいっても、エンジン周りの部品からトランスミッション周りの部品まで、実にさまざまな箇所に自動車を構成する部品は必要となります。

それぞれの部品に対して共通しているのは、いずれも研磨や切削・研削、表面処理といった、精密度の高い加工技術が必要だということ。

例えば、自動車の油圧機器で見られるボール溶接部品を見てみましょう。精度や硬度を落とさぬように加工するだけではなく、割れや摩擦溶接によるバリの発生を起こさないような高い精度での加工を施すことが重要となります。

また、自動車部品の加工においては、使用される素材により難易度が高くなることでも知られています。コストの削減や大量生産として加工する上での効率化など、自動車部品にはより生産性を上げるための課題が常に存在するといわれています。

自動車部品における精密加工

自動車の部品は電動化や燃費や騒音、排出ガスなどに直結するものも多く、いかなる部品であってもより精度の高い形状を求められることが少なくありません。

小型化・軽量化への要求も顕著に見られ、より高い性能かつパフォーマンスの高い部品製造が求められています。

精密加工においては寸法の微細化はもちろんのこと、同等のコストで高い精度を出すことが必須であり、常に新たな技術が求められる市場になります。

TDCの自動車ソリューション

R&D用試験片の製作、治具・工具の製作など自動車業界のニーズに対応しています。

自動車ソリューションとしてTDCではこれまで、ハイブリット化、電動化、自動運転、燃料電池、水素などの試作用部品、R&D用試験片、治工具の製作、試験片・シム・ギア(歯車)・ヘッドアップディスプレイなどの金型作成を行ってきました。

自動車ソリューションへのこだわり

焼き入れ鋼や超硬などの難加工材質、難加工形状に対する高精度加工が可能となっております。

金属、セラミックス、樹脂、ガラス、半導体素材など、材質問わず、超精密鏡面技術を用いて各種部品の試作・改善のお手伝いをいたします。

自動車ソリューションにおける精密加工の課題は、ぜひTDCに相談くださいませ。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

関連ページ