スペーサー/シム(隙間ゲージ)

TDCのスペーサー/シム(隙間ゲージ)をご紹介します。

TDCのスペーサー/シム(隙間ゲージ)

TDCのスペーサー/シム(隙間ゲージ)が選ばれる理由

  • 精密さ
    TDCのスペーサー、シムは厚みの公差を±0.5 um、±1umとお客様のご要望に沿って製作いたします。
  • 低コスト
    1枚のご注文から以下価格表の通りお作りいたします。数量アップの場合はさらに低価格となります。
  • 短納期
    TDC標準品であれば最短当日出荷可能です。在庫もございます。
  • 便利
    標準品以外の材質、形状もお客様のご要望に合わせて制作いたします。

TDCのスペーサーは厚みのバラつきが少ないため、組み立ての再現性や信頼性、精密性を確立できるほか、長時間使用してもゆるみが少なくより高精度な組み立てが可能となります。

TDC標準シムとして、M2〜M8までのシムをご用意しております。価格表は以下の加工精度表をご参照ください。

Amazonでも1枚から購入可能です。「極薄シム」で検索してみて下さい。

加工精度

名称   寸法 a(mm) 寸法 b(mm)        ±1um(円) ※税抜 ±0.5um(円) ※税抜
M2,M3用  3.3 6.5 @400 @600
M4用    4.5 8 @460  @690
M5用  5.5 10 @550 @830
M6用 6.5 12 @650  @980
M8用  8.5 16 @850     @1,280

※1個からご注文可能です。
※価格に送料は含まれません。
※価格は消費税抜き価格です。

各板厚 寸法 t(μm)

10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,30,40,50,60,70,80,90,100

上記TDC標準シムの他にも、形状・サイズ・数量などご希望に応じて製作いたします。
お見積もりは、弊社営業担当までお気軽にお申し付けください。

TDC標準シム仕様

超精密極薄シム

材質 SUS304
板厚公差 ±1μm(0.001mm)
使用測定器 ミツトヨ レーザーホロゲージ

精密機器の組立てや金型治工具の組み立て用に高精度な微調整が可能になります。
下図の形状以外でも ワッシャーや角板などご要望の形状に製作可能です。

この他の材質・形状・サイズ・数量などご希望に応じて製作いたします。
お気軽にご相談ください。

ミラーフィットスペーサー

TDCでは表面を鏡面仕上げにした「ミラーフィットスペーサー」を開発いたしました。鏡面に仕上げたシムは挟み込んで使用する際の変位量が少なく、寸法安定性に優れています。

特注・オーダーメイドスペーサー

TDCでは、特注やオーダーメイドのスペーサー/シムも製作致します。

材質やご希望の厚さ・厚みがございましたら、ぜひ一度TDCまでご相談ください。

特注・オーダーメイドスペーサーの製作事例

シムのオーダーメイド加工例の写真
  • 材質:SUS304
  • 板厚公差:±0.5um
  • サイズ
    大(外径25mm・内径15mm・厚み0.01mm)
    小(外径10mm・内径8mm・厚み0.015mm)
ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

スペーサーとは

スペーサーとは「スペースを作るもの」の名のとおり、部品と部品の間にスペースを作るために用いられる器具のことです。

精密機器アッセンブリのガタつき解消や高精度な微調整など、製造業にはなくてはならない部品となります。

スペーサーの特徴

スペーサーは絶縁性や耐熱性、耐摩耗性といったさまざまな目的に応じて、金属や樹脂といった材質により加工・製造されるのが特徴です。

また、その用途の広さから種類も豊富であり、製造業においてはネジとスペーサーの両方の機能を持つ「ネジスペーサー」、内部にネジ山がない円筒形の「パイプスペーサー」、そして機械の高さや部品の間隔の微調整に役立つ「シム・スペーサー」などが多く用いられています。

スペーサーの用途

スペーサーは自動車や鉄道、車両、航空機といった乗り物をはじめ、工作機械や圧縮機などの産業用機械、重化学工業、電子・電気機器、医療機器、食品機器など、さまざまな業界・業種で扱われる機械や装置に不可欠な部品となります。

身近なところでもパソコンといった精密機器や、装飾品のクッション材としても利用されます。

スペーサーの種類

前述のとおり、スペーサーにはさまざまな種類があり、単4から単3電池へとサイズ変更ができる電池スペーサーや、ペンダントヘッド・チャームのビーズなどがあげられます。

ネジスペーサー

ネジスペーサーとは、ネジとスペーサー双方の機能を持ったスペーサーのことです。円筒や四角、多角柱形状のスペーサー部の両端にネジ部やネジ穴が付いているという構造を持っています。

多くは鉄やステンレス、アルミニウム、チタン、黄銅といった金属が材質として使用されますが、ジュラコンやナイロン、FRP、プラスチック製のネジスペーサーもあります。

基板と筐体などとの接触防止や、通常のネジの代わりとして部品同士を締結する際にネジスペーサーを挟んで固定したり、非常に幅広い用途で使用されるスペーサーのひとつです。

ワッシャー

一般的にはネジと母材への陥没防止材や、ネジやナット類の緩み防止に使用されますが、高精度を要求されないケースなどではスペーサーとしても機能します。

部品間にワッシャーを挟むことでその厚さ分だけ部品間に容易に隙間を作れるほか、ネジスペーサーと組み合わせることでスペースの微調整にも用いられます。

丸形中空スペーサー(パイプスペーサー)

中空スペーサーは別名パイプスペーサーとも呼ばれ、円筒形状で内部にはネジ山がなく空洞となっているスペーサーです。

一般的には回転する機械の軸(シャフト)などの可動部や回転部に用いられます。

また、既製のネジスペーサーでは対応できない長いサイズ・短いサイズにも、ネジスペーサーの代用品として使用することができます。

材質には鉄やステンレス、アルミニウム、チタン、黄銅といった金属製が主に用いられます。用途によっては、樹脂やセラミック、ゴム製、紙製などの中空スペーサーも製作されます。

シムスペーサー

シムスペーサーは、隙間を生み出す用途よりも、隙間寸法が変化する際の最大・最小値を決定したり、隙間の寸法に高い精度や機能性が要求される場合に使用されることが多いスペーサーです。

一時的に挟んで調整し、固定した後は取り外したりするケースもあるほか、そのまま固定して使用されることも少なくはありません。

調整する部位の形状により、以下のようなシムスペーサーを用います。

  • シムリング(リング型シムスペーサー)
  • C型シムスペーサー
  • シムプレート(プレート型シムスペーサー)
  • コの字型シムスペーサー

その名のとおり、それぞれが輪っか・リング型、Cの形、プレート型、コの字型のスペーサー/シムとなります。機械の加工や組付けにおいて発生する高さ・隙間のズレを調節する部品となります。

リング型とC型は主に円形や円筒形、パイプ形状の部品に対して使用されます。

一方、プレート型はリング型とC型で対応できない場合に使用され、最も使用用途の広いシムスペーサーであるといえます。

ホイールスペーサー

ホイールスペーサーとは、自動車のハブとホイールの間に取り付けられる円盤状のスペーサーのことを指します。

ホイールスペーサーを挟むことでその分だけホイールが車体の外側へとオフセットされるため、車体表面とホイールの面を揃えたい際などに取り付けられます。

強度と軽量性が求められるためアルミニウム合金で製作されることが一般的ですが、特に強度が要求されるレーシングカーなどの場合にはジュラルミンや超超ジュラルミンといった素材も使われます。

六角ネジスペーサー

六角柱の形状で、両端がネジ加工がされたスペーサーです。電子基板などを重ねて固定する際などに使用されます。

シムとは

シムは、明確な定義はありませんが、英語でSHIM、つまり、詰め物という意味の部品です。機械などの組み上げにおいて、いくら精度の高い組み立てをおこなったとしても、部品同士の累積公差の影響から寸法に狂いが出ることがあり、微妙な調整が必要になることがあります。このような組み立てられた部品同士の傾きや位置を調整し、より精度の高いものに仕上げるための精度調整に用いられるものです。

材質については、耐食性の優れたステンレスや強度の高い鉄、加工のしやすい真鍮などが一般的となります。

形状に関しては、汎用性の高い「シムプレート」、再現性の高い「シムリング」などがあり、オーダーによって厚さを変更することも可能です。