スペーサー/シム(隙間ゲージ)

TDCのスペーサー/シム(隙間ゲージ)をご紹介します。

TDCのスペーサー/シム(隙間ゲージ)

TDCのスペーサー/シム(隙間ゲージ)が選ばれる理由

  • 精密さ
    TDCのスペーサー、シムは厚みの公差を±0.5 um、±1umとお客様のご要望に沿って製作いたします。
  • 低コスト
    1枚のご注文から以下価格表の通りお作りいたします。数量アップの場合はさらに低価格となります。
  • 短納期
    TDC標準品であれば最短当日出荷可能です。在庫もございます。
  • 便利
    標準品以外の材質、形状もお客様のご要望に合わせて制作いたします。

TDCのスペーサーは厚みのバラつきが少ないため、組み立ての再現性や信頼性を確立できるほか、長時間使用してもゆるみが少なくより高精度な組み立てが可能となります。

TDC標準シムとして、M2〜M8までのシムをご用意しております。価格表は以下の加工精度表をご参照ください。

Amazonでも1枚から購入可能です。「極薄シム」で検索してみて下さい。

加工精度

名称   寸法 a(mm) 寸法 b(mm)        ±1um(円) ※税抜 ±0.5um(円) ※税抜
M2,M3用  3.3 6.5 @400 @600
M4用    4.5 8 @460  @690
M5用  5.5 10 @550 @830
M6用 6.5 12 @650  @980
M8用  8.5 16 @850     @1,280

※1個からご注文可能です。
※価格に送料は含まれません。
※価格は消費税抜き価格です。

各板厚 寸法 t(μm)

10,11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,30,40,50,60,70,80,90,100

上記TDC標準シムの他にも、形状・サイズ・数量などご希望に応じて製作いたします。
お見積もりは、弊社営業担当までお気軽にお申し付けください。

TDC標準シム仕様

超精密極薄シム

材質 SUS304
板厚公差 ±1μm(0.001mm)
使用測定器 ミツトヨ レーザーホロゲージ

精密機器の組立てや金型治工具の組み立て用に高精度な微調整が可能になります。
下図の形状以外でも ワッシャーや角板などご要望の形状に製作可能です。

この他の材質・形状・サイズ・数量などご希望に応じて製作いたします。
お気軽にご相談ください。

ミラーフィットスペーサー

TDCでは表面を鏡面仕上げにした「ミラーフィットスペーサー」を開発いたしました。鏡面に仕上げたシムは挟み込んで使用する際の変位量が少なく、寸法安定性に優れています。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

スペーサーとは

スペーサーとは「スペースを作るもの」の名のとおり、部品と部品の間にスペースを作るために用いられる器具のことで、精密機器アッセンブリのガタつき解消や高精度な微調整など、製造業にはなくてはならない部品となります。

絶縁性や耐熱性、耐摩耗性といった目的に応じて、金属や樹脂といった材質を選びます。

身近な使用例としては、単4から単3電池へとサイズ変更ができる電池スペーサーや、ペンダントヘッド・チャームのビーズなどがあげられます。

またその種類も豊富であり、製造業においては、ネジとスペーサーの両方の機能を持つ「ネジスペーサー」、内部にネジ山がない円筒形の「パイプスペーサー」、そして機械の高さや部品の間隔の微調整に役立つ「シム・スペーサー」などが多く用いられています。

シムとは

シムは英語でSHIM、つまり詰め物と言う意味の部品となります。明確な定義はありませんが一般的には、1.0mm(マイクロメートル)の薄い詰め物のことを指すことが一般的です。

いくら精度の高い組み立てを行っても、部品の取付面が面削されていなかったり、累積公差の影響から寸法に狂いが出たりと微妙な調整が必要となることがあります。このように組み立てた部品の傾きや位置を調整することで、より精度の高いものに仕上げる精度調整に用いられます。

材質については、耐食性の優れたステンレスや強度の高い鉄、加工のしやすい真鍮などが一般的となります。

形状に関しては、汎用性の高い「シムプレート」、再現性の高い「シムリング」などがあり、オーダーによって厚さを変更することも可能です。