航空・宇宙における精密加工ソリューション

TDC(株式会社ティ・ディ・シー)で提供している、航空・宇宙における精密加工でのソリューション技術をご紹介します。

航空機器関連部品と精密加工

航空機は年々、構造強化や軽量化といった改良が進んでいます。

そのためにはチタン合金やインコネル、ハステロイなどのいわゆる「難削材」と呼ばれている素材を加工できる技術が不可欠となります。

これらは航空機本体部品やジェットエンジン部品、専用治具に至るまで、航空機に関連する部品に使用されている素材となり、それぞれの形状が複雑であるとされています。

特に素材における切削条件の洗い出しや工具の選定などの知識、そしてミクロン単位の高い精度の加工技術が必要となります。

航空機器部品とは

航空分野であればジェットエンジン部品や専用治具、宇宙分野であればロケットに使われる部品や専用治具、宇宙ステーション部品などがあげられます。

これらは軽量化に加え、超高精度・低コスト化が要求される部品です。航空分野においては、ジェット機の小型化や低燃料化といように常に改良が行われているため、最先端で高品質なものであることが要求されます。

加工を請け負う場合には、取得が難しいとされる航空機用品質認証が必要となるケースもあります。

TDCの航空・宇宙ソリューション

超精密研磨

宇宙分野の研究開発でもTDCの超精密加工技術が大きく活躍しています。

究極のロケットエンジン研究のための超精密ベアリングボール製作や、重力波観測用施設で使われる特殊望遠鏡用の反射ミラーの製作、はやぶさ2サンプル回収容器内面の表面状態の改善などの実績が数多くあります。

航空・宇宙ソリューションへのこだわり

宇宙航空分野の技術力の根幹となる基礎研究・実験・分析用の部材の製作、試験片から試作品まで少量・多品種で対応可能となっています。

また、他社では実現できないような多種多様な形状・材質への加工が可能なうえ、世界最高水準の高精度な測定機を所有していることにより超高精度の裏付けとなる品質保証体制が確立できています。

航空・宇宙ソリューションにおける課題は、ぜひTDCに相談くださいませ。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

関連ページ