ポリイミド吸着プレート

樹脂の研磨加工

このページでは、TDC(ティ・ディ・シー)で行っている樹脂の研磨加工をご紹介します。

TDCの樹脂研磨加工

TDCでは独自の技術開発やこれまでに培ってきた研磨技術によって、各種エンジニアリングプラスチック、ポリイミド、テフロンなどの各種樹脂研磨加工を得意としております。

高い精度が求められる樹脂素材による部品・部材の研磨加工に対応することができます。

TDCの研磨加工に関する詳しい解説は、『研磨加工』ページをご確認ください。

TDCの樹脂研磨加工の特徴

TDCの樹脂研磨加工には、以下のような強み・特徴があります。

  • 高精度な研磨技術
    TDCが誇る精密研磨技術により、除去量を制御することでミクロン単位・ナノレベルでの超高精度金属精密加工を実現しています。
    切削や研削などの加工方法と比較しても、対象物に負荷をかけることなく、あらゆる形状への対応が可能です。
  • 短納期・特急対応が可能
    100台以上の研磨装置を所有することにより、大量ロットや複雑な加工であっても短納期を実現。
    お急ぎの場合には、「特急対応」でのご相談にも対応させて頂きます。
  • 小ロットからでもお気軽にご相談ください
    1個からの小ロットでのご依頼、試作品の製作もお任せください。
  • 100台を超える豊富な加工機械を所有
    TDCでは、ラップ研磨機や平面研削盤などの研磨装置を100台以上所有。
    マシニングセンター、フライス盤などの各種加工機も揃えているため、あらゆる加工にも対応が可能です。
  • 研磨装置の約半数が自社製
    100台以上ある研磨装置のうち約半数は自社製となり、「低コスト」で「高品質」なモノづくりを実現しています。
ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

TDCで研磨対応可能な樹脂素材の一例

TDCにて研磨の対応が可能な樹脂素材の一例は、以下となります。

  • 各種エンジニアリングプラスチック
  • ポリイミド
  • テフロン(PTFE)
  • など

TDCの樹脂研磨加工例

TDCにおける代表的な樹脂研磨加工例を4つご紹介します。

樹脂研磨加工例①:ポリイミド吸着プレート

  • 材質:ポリイミド
  • サイズ:φ200
  • 加工内容:ラッピング研磨により鏡面仕上げ
  • 精度:面粗さ Ra1nm以下、平面度0.02
 

樹脂研磨加工例②:樹脂各種 鏡面テストピース製作

  • 材質:樹脂各種
  • サイズ:ご希望のサイズにて対応可能です。
  • 加工内容:材質に応じた研磨方法を用いて、高精度な鏡面基板を製作します。
  • 精度:面粗さ実績についてはこちらをご覧ください。

樹脂研磨加工例③: テフロン 穴内径 鏡面加工

  • 材質:テフロン/PTFE(エンジニアプラスチック)
  • サイズ:φ10×5 内径
  • 加工内容:自社開発の研磨装置にて内径を鏡面に仕上げました。
  • 精度:面粗さ Ra5nm以下

樹脂研磨加工例④: PEEK 高精度シム製作

  • 材質:PEEK(エンジニアプラスチック)
  • サイズ:70x70x0.5t
  • 加工内容:精密ラップ研磨にて板厚を0.5±0.0005に仕上げ高精度なシムを製作しました。
  • 精度:板厚 0.5±0.0005(0.5um)

樹脂とは?

樹脂とは、脂に類する性質を持った植物由来の物質のことで、大きく「天然樹脂」と「合成樹脂」の2種類に分けられます。

天然樹脂には「漆」や「松脂」が挙げられますが、機械加工の対象として扱う樹脂素材は「合成樹脂」のことを指すのが一般的です。

合成樹脂には、アクリルや塩ビ、エンジニアリングプラスチック、ポリイミド、テフロンといった素材が樹脂素材として挙げられます。

アクリル

樹脂素材の中でも知名度の高いアクリルですが、プラスチックの中で最も耐久性に優れ、高い透明性を持つ素材として有名です。

水族館の巨大な水槽がアクリル樹脂で構成されていることからも分かるように、圧力と耐衝撃性に優れているのが大きな特徴です。

塩ビ

塩ビとは、塩化ビニル・塩化ビニールの俗称で、「ポリ塩化ビニル」あるいは「塩化ビニル樹脂」のことを指します。

長期間にわたり強度を維持できる安定性や劣化しにくい耐久性、接着性、難燃性などが特徴として挙げられます。

エンジニアリングプラスチック

エンジニアリングプラスチック(エンプラ)とは、工業用の過酷な条件下でも使用できるように高耐熱性や機械的強度を向上させた合成樹脂の総称となります。

「プラスチックはもろくて割れやすい」というイメージから飛躍的に性能が高められ、金属部品と汎用プラスチック部品の中間的/補完的な位置にあり、軽量化や低コスト化を実現しています。

ポリイミド

ポリイミドとは、米国デュポン社が開発したスーパー・エンジニアリング・プラスチックのことを指します。

他の有機物や高分子材料と比較しても極めて高い耐熱性を持ち、主に電子回路材料の絶縁基材として用いられています。

テフロン

PTFE(ポリテトラフルオロエチレン・フッ素樹脂)の一種で、デュポン社によって商品化された名称となります。

主に工業用として使用されますが、フライパンのフッ素コートなどでも有名ですね。

樹脂の研磨は難度が高い

一般的に樹脂の研磨は、金属研磨と比較して難度が高いとされています。

その理由のひとつして、樹脂素材の軟らかさ。研磨量が大きくなってしまうため、手戻りが許されないという点において難度が高いとされています。

また、熱に弱く、摩擦が大きくなることで表面が溶ける・変色してしまうといった点も難度の高い理由として挙げられます。

難度の高い樹脂研磨加工・研削加工もTDCにご相談ください

TDCではラップ研磨機や平面研削盤などの研磨装置を100台以上所有しています。

また、これまでに蓄積された研磨加工技術により、あらゆる樹脂素材・精度の研磨加工にも対応が可能となっています。

他社で断られた難度の高い樹脂研磨加工でも、ぜひ一度TDCにご相談ください。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

関連ページ