CMP研磨加工

CMP研磨加工

このページでは、CMP加工について解説しています。
加工液と砥粒を利用した、化学・機械的アプローチを行うため、それぞれの相乗効果により、製品の表面を滑らかにする加工方法です。

CMP研磨加工とは

cmp

CMPとは「Chemical Mechanical Polishing(化学機械研磨)」の略で、研磨剤やスラリー(液体の中に固体砥粒を混ぜ合わせたもの)に含まれる化学成分の作用により表面除去効果を増大させ、より平面で滑らかな研磨加工をおこなう技術のことを指します。

CMPの加工において利点としてあげられるのが、表面の粗さを原子レベルで調整できるということ。

またスラリーの組成を組み替えることで、例えば同一基板に存在している異質物をまとめて研磨することができますし、研磨したい材料だけ選択的に研磨するということも可能です。

用途としては、パワーデバイスやMEMSデバイス用のウエハ、SiCやGaNの難削材料の研磨など。半導体分野を中心に、多岐に渡って採用されている技術です。

TDCのCMP加工

TDCの精密研磨加工・超精密研磨加工では、ラップ研磨にくわえて精度や加工目的によって、CMP加工も取り入れています。

お客さまのニーズに合わせた最適な加工方法を弊社にて選択させていただきますが、CMPを用いた加工のご要望などにもお応えできるため、一度お気軽にお問い合わせください。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

TDCで扱うCMP装置

名称 メーカー サイズ 数量
CMPラップ機 日本エンギス
その他
φ18インチ~36インチ
【対応可能サイズ】
~φ305mm程度
3台

その他のTDCの加工設備はこちら

CMP研磨を行う目的

CMP研磨は、主に以下の場合に用いられます。

  • 平坦化
    半導体の信頼性や速度といった精密性を向上させる加工などに用いられます。
  • 鏡面加工
    ウエハーなどの表面をナノレベルの表面粗さに加工する際や、スクラッチやパーティクルなど表面欠陥の低減などに用いられます。

CMP加工の加工方法・加工原理

CMP加工とは、一般的なポリッシングとは異なり、スラリー(遊離砥粒を懸濁した)加工液を使用した化学的なアプローチと、シリカやアルミナ、ジルコニアといった砥粒による機械的アプローチから同時に研磨を行うことで、製品の表面をより滑らかにする方法のことを指します。

また、それぞれの相乗効果から研磨の速度や質の向上が見られるというのもその特徴としてあげられ、例えば、SiC基板・ウェハーの化学機械的平坦化などの精密機器の仕上げに採用される技術です。

ポリッシング研磨加工の詳細はこちら

CMP研磨の工程・流れ

  1. CMP用パッドの貼付け…ポリシング用アルミ盤にポリウレタンまたは発泡ウレタン製ポリシングパッドを貼り付けます。
  2. CMP用研磨剤の注水…CMP用研磨剤をポリシングパッドに浸します。
  3. 試料ホルダーの設置…対象物が固定された試料ホルダーを所定の位置に設置します。
  4. タイマーの設定…加工時間を設定します。時間は加工用途・目的によって異なります。
  5. 回転数の設定…研磨盤の回転数を50~80rpmに設定をおこないます。
  6. CMP研磨の開始…これまでの手順完了後、研磨を開始します。
  7. CMP研磨後の清掃…研磨剤は固まりやすいため、研磨終了と同時に水→アセトン→アルコール→水の順番に洗浄を実施します。

CMP加工はTDCで

CMP加工は、化学的・機械的なアプローチによる相乗効果で、製品の表面を滑らかにする方法となります。そのため、工法を熟知していなければ、製品に対して最適な加工ができないこともあります。

株式会社ティ・ディ・シーは、ご希望の納期に合わせて納品が可能なほか、加工における独自の技術開発とノウハウを蓄積しており、あらゆる形状にも対応可能となっております。

加工に関するご相談や基本的なお悩みも、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

ご依頼やお問い合わせはお気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日9時〜17時

メールでのご依頼・お問い合わせ

関連ページ