ハステロイ加工サンプル

ハステロイ

このページでは、加工材料のひとつであるハステロイの特性や性質、用途、TDCにおけるハステロイの加工について解説をします。

ハステロイとは

ハステロイ(HASTELLOY)とは、米ヘインズ社(Haynes International, Inc)の商標となっているニッケル合金の一種です。モリブデンやクロムをニッケル基に多量に加えることで、耐腐食・耐熱性能を向上させた合金となります。

合金のなかでもさまざまな分野において幅広く活用され、日本でも「ハステロイ」という名称は一般名化しています。

モリブデン・クロム・鉄などの含有する成分量によって、「ハステロイB」「ハステロイC」などの種類に分けられます。

ハステロイの特徴・特性・性質

ハステロイの特徴は、主に以下があげられます。

  • チタンを上回る高性能な材質である
  • ステンレス材以上の耐食性・耐熱性を持っている
  • 高温下や酸化性の強くない酸や海水、塩類環境下でも耐食性が損なわれにくい
  • 強度に優れ金型などにも使われる

ハステロイは、耐食性に優れているほか高温度下の機械的強度が高く、硫酸や硝酸、塩素などの腐食性環境や高温環境での使用に向いています。

ハステロイは難切削材としての側面も

一方で、ハステロイ材は加工が難しいいわゆる「難切削材」としても知られており、物理的強度も高くはないため構造材などには向いていないとされています。

ハステロイの加工に関しては、以下のような難点があるとされています。

  • その硬度の高さから被削性が悪い
  • 熱伝導率が悪いため発熱のため工具の寿命が短くなる
  • 加工硬化が激しいため仕上げに時間がかかる

ハステロイの種類

ハステロイはニッケルを主成分とする合金ですが、モリブデンやクロム、鉄など様々なの成分比率が異なることで、さまざまな種類に分類されます。

代表的なハステロイの種類と特徴は以下となります。

ハステロイB-2

ハステロイBの改良版で、溶接部の耐食性に優れています。

組成
Ni Co Cr Mo W Fe Si Mn C
69 ≦1 ≦1  28 ≦2 ≦0.1 ≦1 ≦0.01

ハステロイC-22

耐食性が高く、特に局部腐食に対して強い耐性を持っています。

組成
Ni Co Cr Mo W Fe Si Mn C
56 ≦2.5 22 13 3 3 ≦0.08  ≦0.5 ≦0.01

ハステロイC-276

耐食性が高く、高温化でも腐食しにくいのが特徴です。

組成
Ni Co Cr Mo W Fe Si Mn C
57 ≦2.5 16 16 4 5 ≦0.08  ≦0.1 ≦0.01

ハステロイX

高温環境での耐酸化性、加工性、強度に優れています。

組成
Ni Co Cr Mo W Fe Si Mn C
47 ≦1.5 22 9 0.6W 18 ≦1  ≦1 ≦0.10

ハステロイの用途

ハステロイは、その優れた耐食性・耐熱性からも、さまざまな分野・業界にて用いられます。

主なハステロイの用途は、以下となります。

  • 化学プラントの装置部品
  • ポンプやバルブその他の化学装置部品
  • 耐食性が要求される圧力計のダイヤフラム
  • 酸洗設備
  • 航空機のジェットエンジン
  • その他、製紙産業、化学品精製、廃棄物処理、核燃料再処理施設、石油化学産業、半導体製造装置関連などにおける、耐食性・耐熱性が求められる部品

TDCにおけるハステロイ加工

実現加工な仕様

面粗さ Ra1nm以下
平面度 0.001mm以下
平行度 0.001mm以下

ハステロイの加工事例

TDCでは、ハステロイの鏡面試験の製作を承っております。面粗さはRa1nm以下での保証が可能です。数量1枚~ご希望のサイズにて製作いたします。

もちろん、試験片以外にも様々な形状での部品製作も対応可能です。

また、最近では長尺箔での加工依頼も多くいただいております。
詳しくは『TDCの精密鏡面フォイル/長尺金属箔精密ポリッシング』ページをご参照ください。

ハステロイの加工はTDCまでご相談ください

TDCでは、材質に応じた加工ノウハウと、これまで蓄積された研磨加工技術により、あらゆる材質・精度の鏡面研磨加工にも対応が可能となっています。
他社で断られたハステロイの加工案件も、ぜひ一度TDCにご相談ください。

1点からでも承ります。お気軽にご連絡ください

お電話でのご依頼・お問い合わせ

電話受付:平日8時30分~17時20分

メールでのご依頼・お問い合わせ

関連ページ

大学・研究機関の方必見 テストピースのご相談